STYLE GALLERY

デイリーからパーティにも使える、冬の簡単セルフアレンジ1

三つ編み+ねじりのルーズなハーフアップ

三つ編みとねじりをルーズにほぐして留めるだけ。かんたんなのに凝って見える、パーティーからデイリーまで使えるハーフアップアレンジ術。

2016.11.24

  • facebook
  • twitter
  • line

STYLIST’S COMMENT
大きめなバレッタをつけたり、シンプルなヘアピンなどをいくつかつけたり、洋服に合わせたアクセサリーを選びましょう。
  • 1

    32mm程度のカールアイロンで髪全体を巻く。

    32mm程度のカールアイロンで髪全体を巻く。

    POINT
    三つ編みをするサイドは、しっかりとカールをつけておく。
    Pick up tool
    もう巻き方に悩まない、革新的ノークリップカールアイロン
    イージー・カール
    http://www.mods-stylingtools.com/products/mhi-2553/
  • 2

    両サイドを残して耳上の毛束をまとめてゴムでむすび、トップの毛を少しずつ引き出してボリュームを出しておく。もみあげにおくれ毛を少し残し、両サイドをきつめに三つ編みして毛先をゴムでとめる。

    両サイドを残して耳上の毛束をまとめてゴムでむすび、トップの毛を少しずつ引き出してボリュームを出しておく。もみあげにおくれ毛を少し残し、両サイドをきつめに三つ編みして毛先をゴムでとめる。

    POINT
    トップのボリュームを出すのが難しい場合は、一回くるりんぱをするとかんたんにボリュームが出せる。
  • 3

    三つ編みの下、耳後ろの毛束を少し取って2つに分けてねじり、毛先をゴムでとめる。両サイドの三つ編みとねじった毛束をそれぞれをルーズにほぐす。

    三つ編みの下、耳後ろの毛束を少し取って2つに分けてねじり、毛先をゴムでとめる。両サイドの三つ編みとねじった毛束をそれぞれをルーズにほぐす。

    POINT
    はじめにきつく編んでから、大胆にほぐすのがポイント
  • 4

    両サイドの三つ編みを、後ろでクロスするよう逆サイドに持っていき、ピンで留める(毛先はゴムが見えないように折り込むか、逆サイドの三つ編みの下に入れ込む)。ねじった毛束も同様に、三つ編みの下にピンで留める。

    両サイドの三つ編みを、後ろでクロスするよう逆サイドに持っていき、ピンで留める(毛先はゴムが見えないように折り込むか、逆サイドの三つ編みの下に入れ込む)。ねじった毛束も同様に、三つ編みの下にピンで留める。

  • 5

    トップのむすび目や、三つ編み部分にアクセサリーをつけ、おくれ毛にカールを足したら完成。

    トップのむすび目や、三つ編み部分にアクセサリーをつけ、おくれ毛にカールを足したら完成。

    トップのむすび目や、三つ編み部分にアクセサリーをつけ、おくれ毛にカールを足したら完成。

    POINT
    ゴムが上手く隠せなかった場合は、ゴムの部分にアクセサリーをつけて隠す。
  • Fin

SALON STYLIST

  • 佐々木 歩

    HAIR
    mod’s hair 池袋店
    PreStylist
    佐々木 歩
    COMMENT
    編み込みの太さやルーズさで又雰囲気を変えられます。
  • 下田 光

    MAKE UP
    mod’s hair プランタン銀座
    PreStylist
    下田 光
    COMMENT
    ナチュラルに、シャドーはツヤではなくマット感を出して洗練された感じを出しました。

PICK UP TOOL

EASY CURL

MHI-2553-P/MHI-3253-P

もう巻き方に悩まない、革新的ノークリップカールアイロン

  • facebook
  • twitter
  • line
m

一覧に戻る

RECENT