STYLE GALLERY

秋ウェディングのお呼ばれアレンジ3

王道!シンプル大人シニヨン

ルーズすぎない綺麗めスタイル

2020.09.08

  • facebook
  • twitter
  • line

STYLIST’S COMMENT
シニヨンの位置を変えるだけで和装も洋装も楽しめます。
  • 1

    髪全体を32mm程度のヘアアイロンで巻く。襟足は外ハネになるようにしっかりと巻いておく。

    髪全体を32mm程度のヘアアイロンで巻く。襟足は外ハネになるようにしっかりと巻いておく。

    Pick up tool
    サロンクオリティーをスマートサイズに。
    「自宅」や「オフィス」や「旅行先」、どんなシーンでも使いやすいコンパクトカーリングアイロン。
    https://www.mods-stylingtools.com/products/mhi-2582/
  • 2

    前髪より少し広め、目尻のあたりから耳の高さくらいに向かってセンターを分けとり、一度全体をねじってからゴムでむすぶ。

    前髪より少し広め、目尻のあたりから耳の高さくらいに向かってセンターを分けとり、一度全体をねじってからゴムでむすぶ。

  • 3

    むすんだ毛先から竹串くらいの少量の毛束をとってピンに挟み、ゴムの上から通す。そこを少し引き出してバルーン状にしてゴムを隠す。

    むすんだ毛先から竹串くらいの少量の毛束をとってピンに挟み、ゴムの上から通す。そこを少し引き出してバルーン状にしてゴムを隠す。

    むすんだ毛先から竹串くらいの少量の毛束をとってピンに挟み、ゴムの上から通す。そこを少し引き出してバルーン状にしてゴムを隠す。

    むすんだ毛先から竹串くらいの少量の毛束をとってピンに挟み、ゴムの上から通す。そこを少し引き出してバルーン状にしてゴムを隠す。

  • 4

    両サイド耳上の髪を上下に分ける。上側の毛束をツイスト編みにし、②のむすび目を土台にピンでとめる。下側の毛束も同様に。

    両サイド耳上の髪を上下に分ける。上側の毛束をツイスト編みにし、②のむすび目を土台にピンでとめる。下側の毛束も同様に。

    両サイド耳上の髪を上下に分ける。上側の毛束をツイスト編みにし、②のむすび目を土台にピンでとめる。下側の毛束も同様に。

  • 5

    両サイドの耳下に少し毛束を残して、②の毛先と襟足の髪を合わせて左右2つに分ける。それぞれゆるく三つ編みにして毛先をゴムでむすぶ。それぞれの三つ編みを②の土台に右回転に巻き付けてピンで固定し、おだんごをつくる。

    両サイドの耳下に少し毛束を残して、②の毛先と襟足の髪を合わせて左右2つに分ける。それぞれゆるく三つ編みにして毛先をゴムでむすぶ。それぞれの三つ編みを②の土台に右回転に巻き付けてピンで固定し、おだんごをつくる。

  • 6

    両サイドに残っている髪をツイスト編みして、⑤のおだんごに巻き付けてピンでとめる。襟足のたるみをバランスを見てピンでとめて引きしめる。

    両サイドに残っている髪をツイスト編みして、⑤のおだんごに巻き付けてピンでとめる。襟足のたるみをバランスを見てピンでとめて引きしめる。

    両サイドに残っている髪をツイスト編みして、⑤のおだんごに巻き付けてピンでとめる。襟足のたるみをバランスを見てピンでとめて引きしめる。

    POINT
    もみあげに後れ毛を少し残すと可愛い仕上がりに。襟足にたるみが残りすぎると和装ヘアのような雰囲気になってしまうので注意!
  • 7

    おだんご部分に飾りをつけて、前髪を巻いたら完成。

    おだんご部分に飾りをつけて、前髪を巻いたら完成。

    おだんご部分に飾りをつけて、前髪を巻いたら完成。

  • Fin

SALON STYLIST

  • 坂詰 詩音

    HAIR
    mod’s hair 銀座店
    Stylist
    坂詰 詩音
    COMMENT
  • 宮下 遥

    MAKE UP
    mod’s hair 新宿サウス店
    Stylist
    宮下 遥
    COMMENT
    パーティーシーンに合わせてアイシャドウはパール感のあるブラウンに。お洋服に合わせてレッド系のリップで締め、眉毛はほわっとしてメリハリを。

PICK UP TOOL

CURLING IRON

MHI-2582-W/MHI-3282-W

サロンクオリティーをスマートサイズに。
「自宅」や「オフィス」や「旅行先」、どんなシーンでも使いやすいコンパクトカーリングアイロン。

  • facebook
  • twitter
  • line

一覧に戻る

RECENT