BEAUTY COLUMN ナツメさんのビューティーコラム

1月のテーマ

1月の気になるBeauty Tips

n

m

COLUMN 027

2017.01.20

花粉症の時期にありがちな肌荒れを克服する方法

  • facebook
  • twitter
  • line

1月になると、そろそろ花粉症に備えて薬を飲み始めたり、耳鼻科に通ったりとスタンバイしている方も多いと思います。
私、じつは大の花粉症で、この時期は本当にツラいんです・・・。
しかも、花粉症の症状(鼻水&くしゃみ)だけでなく、肌のかゆみや赤味などにも悩まされます。数年前からとくに肌も敏感になっているようで、これは本当に困りました!

職業柄、肌荒れしているのもアレなので、自分なりに克服する方法を考えました。
1.敏感肌用のスキンケア・メイク用品に切り替える。
2.帰宅後は、すぐにメイクをオフする。
3.アイラインやマスカラはしない。
4.クレンジングはミルクやクリームでやさしくオフ。
5.肌をなるべく触らない。
6.タオルはふかふかした柔らか素材。
7.髪についた花粉をしっかりはらう。

スキンケア

上記6つが主な克服法です。
みなさん、敏感肌用のスキンケアやコスメに切り替えるのは、一般的かと思いますが、切り替えるタイミングが大切です。花粉症がピークになる前、そう、ちょうど今ごろから切り替えるのがおすすめ。肌を慣れさせるという意味もありますし、私のような花粉症がひどい方ならば、早めの対処が得策です。そして、粘膜が過敏になりますから、アイラインやマスカラはお休みしたほうがいいですね。ほら、目もかゆくなりますから、点眼するときのことを考えて……。そして、肌はなるべく触らないことも大切です。

かゆみがあるとつい掻いてしまいますが、1度掻いたら、もっとかゆみが増すこともありますから。もしかゆくなったら、ぬるま湯でやさしく顔を洗いましょう。それでもかゆみが治まらないならば、皮膚科を受診することを強くおすすめします。そして、最後にお肌の花粉だけではなく、髪についた花粉もはらってくださいね。乾いたタオルでタオルドライするようにすると、だいぶ落ちます。

そしていちばん大切なこと。どうか、今年の花粉の飛散量が少ないように!

夏目 円

美容ライター
夏目 円

美容ライターとして18年のキャリアを持つ。雑誌やウェブなどでの連載、オールアバウトでは美容ガイドとして活躍。自身のホームページでは、最新の気になる美容ブログも好評。
http://www.natsumemadoka.com/

  • facebook
  • twitter
  • line
m

一覧に戻る

あなたのお悩みを教えてください。夏目先生が解決してくれるかも!?

メールのタイトルに「BEAUTY COLUMN お悩み」と入れて送ってください!

MAIL

RECENT